047-341-3045
千葉県松戸市馬橋2545-3馬橋駅 徒歩3分
診療時間 9:00〜12:00/13:30〜18:30【休診日】木曜・日曜・祝日

松戸市 馬橋の歯科クリニック│本間歯科医院<矯正歯科・予防歯科・小児歯科>

矯正歯科

食べ方・発音でお困りの方へ 筋機能訓練

クレジットカードについて

※保険外治療の場合のみ
御利用いただけます。

スマートフォンからアクセスする方はこちら
トップページ»  矯正歯科

矯正歯科で行うことは?

矯正歯科では、矯正装置を用いて主に歯を動かしたり、あごの位置を変えたりします。きれいな歯並びや理想的な咬み合わせ(噛み合わせ)を獲得することで、口腔内(口の中)の管理がしやすくなったり、歯が長持ちしたりして、結果的に身体(からだ)の健康につながります。

なぜ矯正治療が必要なのか、また身体(からだ)にどのような影響があるのか、以下のようなことが挙げられます。


虫歯や歯周病になりにくくなる
歯が重なり、凸凹に並んでしまっていると、隙間にプラークが溜まりやすく、歯みがきで十分に取り除く事が非常に困難です。そのため、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。  
矯正治療できれいな歯並びを獲得することで、歯みがきがしやすくなります。それにより虫歯や歯周病のリスクを減らすことができます。

よく咬む(かむ)事ができる
咬み合わせ(かみあわせ)が悪いと正しく咬んで(かんで)が飲み込むことができません。食べ物をしっかりと咬まない(かまない)まま飲み込むと、胃腸に大変負担をかける事になります。     
→矯正治療で理想的な咬み合わせを獲得し、機能的な訓練をすることで、しっかりと咬んで飲み込むことが可能になります。

顎の成長・顔の形に良い影響を与える
顎の骨や顔の筋肉は、食べ物を正しく咬む(かむ)事で成長します。咬み合わせ(かみあわせ)が悪いと本来咬む(かむ)ことで行われるはずの成長が行われず、あごの発育が不十分になったり、顔が歪んでしまったりと大きな影響を与えることがあります。
→早期に発見し、必要に応じて矯正治療を開始します。土台となるあごのズレを最小限にしておくことで本格矯正の治療期間を短縮できることがあります。

④見た目を気にしなくて良くなる
歯並びが悪いのをコンプレックスと感じている人は、会話の際に手で口元を隠したりしてしまいます。
→矯正治療で歯並びが良くなると人目を気にしなくても良いだけでなく、笑顔に自信が持てるようになります。

⑤発音がしやすくなる
咬み合わせ(かみあわせ)の状態によって様々な発音障害が出てきます。特に、英語など外国語の発音がむずかしくなります。異なった発音をすることで、違った意味に捉えられたり、トラブルを引き起こしたりすることもあります。また、正しくない発音できないことが、からかいの対象になってしまうこともあります。
→矯正治療で形を治し、言語治療を行うことで正しい発音をすることができるようになります。


このように矯正治療を行うことで、身体(からだ)にとって良いことが多く得られます。







 

矯正治療が必要な歯並び・かみ合わせ

治療の適応となる主なもの

  • 叢生(そうせい)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・歯の並びが凸凹(でこぼこ)している
  • 空隙歯列(くうげきしれつ)・・・・・・・・・・・・・・・歯がすいている
  • 犬歯の低位唇側転位(ていいしんそくてんい)・・・・・・・八重歯(やえば)
  • 上顎前突(じょうがくぜんとつ)・・・・・・・・・・・・・出っ歯
  • 下顎前突(かがくぜんとつ)・・・・・・・・・・・・・・・受け口
  • 上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)・・・・・・・・・・・上下の歯が前に出ている
  • 開咬(かいこう)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・上下の歯がかみ合わず開いている
  • 正中不一致(せいちゅうふいっち)・・・・・・・・・・・・上下の歯の真ん中がずれている
  • 偏位咬合(へんいこうごう)・・・・・・・・・・・・・・・あごが横にずれてかんでいる
  • 交叉咬合(こうさこうごう)・・・・・・・・・・・・・・・上の歯よりも下の歯が外側にある状態 

歯列のずれや口元の出た感じなど見た目の美しさを獲得できるだけでなく、話しやすくなったり、食事しやすくなったりと機能が改善することもあります。また、口の中が管理しやすくなるため虫歯や歯周炎のリスクを減らすことが可能となります。

 

矯正歯科のスケジュール

矯正歯科は、一般的にゆっくりと時間をかけて歯列を正常な位置まで移動させるという治療なので、正しい噛み合わせが得られるため、しっかりとスケジュールをたてて行います。
s☆ここでご紹介する治療スケジュールは一般的なものになりますので、目安として考えて下さい。

歯科矯正治療が始まるまで

初診相談
現在の歯並びについて、問題点や気になる点・お悩みなどをお聞きしながら診察し、歯科矯正の概略・費用・期間などをお話します。
精密検査
診断に必要な頭蓋骨全体のレントゲン・歯並びの模型・写真などを資料としてとります。また、患者さんひとりひとりの状態によっては顎関節のレントゲンや顎の動きの機能検査なども行います。
検査結果の説明
精密検査の結果をもとに、現在の歯列の状態とこれからの治療方針・期間・費用の詳細を説明します。

歯科矯正治療の開始

歯みがき指導とクリーニング
治療中にムシ歯や歯周病にならないように予防処置をします。また、この時既にムシ歯がある場合には、矯正治療が始まる前にムシ歯や歯周病の治療を行います。
動的治療≪歯の移動≫ 半年~3年くらい
矯正装置の装着を行い、歯を動かして段階的に治療を進めていきます。装置の装着後は3~4週間ごとで定期的に来院して様子をみながら進めていきます。治療期間は、患者さんの歯列の状態によって大きく異なります。また、歯みがきなどのホームケアを怠るとその治療を行わなくてはいけず、歯列の矯正治療をスムーズに進める事ができませんので、矯正治療中は歯みがきなどのホームケアをしっかりと行ってもらうようにします。
静的治療≪保定≫ 2年
動的治療を終えてから噛み合わせが安定するまで保定装置を使い、移動した歯をしっかりと安定させます。
PageTop